大阪府立 北野高校 ラグビー部

HOME >> 新入部員募集 >> OBからの応援メッセージ

北野高校ラグビー部 OBからの応援メッセージ

六稜トークリレー(2009年6月13日)ビデオメッセージ
廣瀬 俊朗 (112期) 東芝府中ブレイブルーパス キャプテン


 皆さん、こんにちは。今、府中から皆さんにメッセージをお送りしたいと思います。

 まず、現役のラグビー部の皆さん、人数が足りない中で、すごく大変な思いをしておられるとお聞きしています。僕もOBの1人として、なんとかお役に立ちたいと思っています。選手が7人とマネージャー1人で大変だと思いますが、まず、部員を増やすことを諦めず、自分たちを信じて、少しずつがんばって欲しいと思います。

 でも、もしたくさん集まらなかった場合でも、今の部員だけで、みんなで一生懸命やることは素晴らしいと思います。また、勉強とラグビーの両立に一生懸命とりくむことは、今はいろいろ大変なこともあると思いますが、将来、非常に役に立ちますし、素晴らしい経験をしていると思います。

 僕も、高校時代はなかなか大変だと思っていましたが、その経験が、今は大きな財産になっています。現在、ジャパンラグビートップリーグの東芝府中で活躍できる原点も、北野高校のラグビー部にあると思います。

 これからラグビーをやろうとしている中学生の皆さん、スクールの皆さん、北野高校はラグビーだけではなく、勉強も充実していますし、すごくスマートな人がたくさんいて、様々な成長の機会があります。ですから、ラグビーを続けるのはなかなか大変だと思いますが、ぜひラグビー部に入って、チャレンジしてもらえたらと思います。僕も時間を見つけて、北野高校のラグビー部にお邪魔して、みんなの力になれたらと思います。

 最後に、ラグビーファンの皆さま、いつも東芝ラグビーチームを応援していただいて、ありがとうございます。昨年度は、マイクロソフトカップで優勝できましたが、日本選手権には出られませんでした。今シーズンはその思いをくんで、もう一度いい試合をして、ラグビーの魅力をご覧いただきたいと思います。東芝のラグビーは強いな、日本のラグビーは強いなと感じていただけるような試合をどんどん展開して、最後にみんなで笑いたいと思っています。ありがとうございました。