大阪府立 北野高校 ラグビー部

HOME >> 新入部員募集 >> OBからの応援メッセージ

北野高校ラグビー部 OBからの応援メッセージ

六稜トークリレー(2009年6月13日)ビデオメッセージ
橋下 徹 (100期) 大阪府知事
聞き手:松岡信道 (111期) 豊中市議


松岡: 北野高校時代の成績はいかがでしたか?
橋下: 最悪やったね。560数人中、560番くらいでした(笑)。現役や浪人で京大に行ったメンバーもいましたが、僕をはじめ数人は落第ぎりぎりの成績でした。
松岡: 追試を受けながらですか?
橋下: 追試はしょっちゅう受けていました。北野高校も粋な配慮をしてくれたのは、同じ問題が3回くらい出て、それをクリアしたらOKということもありました。
松岡: 3年生の時には花園の全国大会に出場されましたが、部活動はどうでしたか?
橋下: これも最悪やったね。入部して1ヵ月めくらいから、辞めたいと言い出したんですが、周りからもうちょっとがんばれと言われ、僕自身も辞める勇気はありませんでした。でも、毎日が辛くて、天気予報が雨だとものすごくうれしかった(笑)。
松岡: そうだったんですか。
橋下: 僕は、ラグビーに命をかけるとか、勉強に命をかけるとかしなくても、普通にコミュニケーションをとりながらやっていたらいいのではないかと思います。
松岡: 僕は、赤井さんや露峰さんにお会いして、怖い先輩だと思いますが、知事はどう感じておられましたか?
橋下: 怖かったですか? もちろん、練習の時には気合を入れないといけないので厳しかったかも知れないけど、終わると優しかったですよ。それに、部活を通して縦のつながりができました。僕がメディアに出るようになったのは、MBSの井口先輩の紹介でラジオに出たのがきっかけです。それがなければ、今、知事になっていないでしょう。そういう意味で、先輩方とのつながりは強いと思います。
松岡: 弁護士になってからも、テレビで花園での全国大会のことを話されていることがありますが、あの時の一番の思い出はどんなことですか?
橋下: いやでしかたがなかったです。
松岡: その時もですか?(笑)
橋下: どんどん勝ち進んでいたので、勝たなければしょうがなかったんです。たまたま、林からパスが来たので、ボールを持って走ろうとしたら、前にいた相手の選手が足を怪我していたので、2歩走ったらトライできました。ほかにも色んな偶然が重なって、とてもありがたかったですね。僕は、学校を背負ってとか、全人生をかけてラグビーをやろうとまでは、考えていませんでした。あの時、熱い“ふり”をしていたのは木下ぐらいです。こんなことを言うと、本日ご出席の先輩方に叱られるかも知れませんが(笑)。
松岡: 実は、僕も最初は野球をしたかったんです。ところが、ラグビー部の先輩に誘われて入ったら、抜けられなくなったのです。
橋下: 重く考えない方がいいですよ。高校でクラブをやろうというくらいの気持ちでいいのではないかな。
◇   ◇   ◇   ◇   ◇

 皆さん、ご無沙汰しています。100期生、11番ウィングをやっていた橋下です。

(ラグビーをすることについて)あまり重く考えなくてもいいのではないかと思います。高校のクラブ活動の1つというくらいに考えて、とにかくやってみることです。やってみたら、練習がしんどくて辞めたいと思うこともあるでしょうが、そういう経験は、社会人になってみると、本当によかったと思えるのです。

 社会に出ると、いろいろ七面倒くさいことや、うっとうしい話が山ほど出てきます。でも、ラグビー部時代の練習、特に合宿に比べれば、社会人になっても、あれ以上しんどいことはありません(笑)。僕にとっても、北野でラグビーを3年間やったことは、社会人になって耐える力がついたと思います。また、北野のラグビー部の先輩・後輩との縦の関係は非常に強く、社会人になった後、その素晴らしさを実感しています。

 ラグビー部員が少ないのは残念ですが、これは、ラグビー協会が悪いのではないでしょうか。先が見えないところに子供たちは入ってきません。協会の考え方、特にアマチュアリズムやラグビー魂などにとらわれて、古いものを踏襲するのがいいという、まさに、今の行政と同じような考え方を持ち続けてきた結果、衰退してきているのです。組織は、変革と挑戦が必要です。霞ヶ関や大阪府庁もそうですが、行政は過去のものを続けることで、結局衰退しています。

 そうならないためにも、特に、北野高校のOBの皆さんは、ラグビー協会にたくさん入っておられるので、変革と挑戦でラグビー界を変えていってほしいと思います。若い世代がラグビーの世界に入ってきたら、光が見えて、将来の展望が開けるようにするのがラグビー協会の務めだと思います。今のラグビーは、ラグビー界を牽引する指導者がしっかりしていないから、悲惨な状況になっているのだと思います。行政や国も同様で、指導者がしっかり将来の展望を示すことができなければ、衰退してしまいます。

 北野のOBの皆さん、ラグビー協会に多数入っておられると思いますので、若い世代がラグビーに魅力を感じられるよう、しっかりと光を見せてあげてください。どうぞよろしくお願いいたします。

 これで、ラグビー協会からの票は完全に落としたでしょうね(笑)。